【歯周病は胎児にも影響すると聞きました】

歯周病を持つ妊婦さんは確かにリスクはあるという報告が多いですが、妊娠中でも治療することは可能です。

正常体重児を出産した母親に比べて、低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという報告が多く、最近は歯周病と低出生体重児や早産との関連も指摘されております。
原因は歯周病で炎症が起こった時に増える炎症物質の1つであるプロスタグランジンの関与が疑われております。
これは正常な出産の時にも分泌されて、子宮筋を収縮させて出産を促しているので、陣痛促進剤としても使われております。
このプロスタグラジンが歯周病で増えることによって血液中のこのプロスタグラジンも多くなり、胎盤を通過して胎児の成長に影響を及ぼしたり子宮筋を収縮させて出産を早めてしまうのではないかと言われております。

ただ、妊娠中であっても歯周病の治療は可能です。米国の報告では、妊娠中に非外科的な歯周病の治療を受けても早産のリスクは高まらないとされています。
なので、妊娠中の場合は4~7ヶ月の安定期に歯周病の治療を受けると良いでしょう。

コメントを残す