【子どものときから矯正した方がいいの?】

子どもの歯科矯正治療は、歯の状況によって二つの時期に分かれます。
こどもの矯正

乳歯と永久歯が交じっている12歳頃までが「第1期治療」。顎の成長を利用した治療が中心です。一部の永久歯にブラケットをつけることもあります。
全ての歯が永久歯に生えかわると「第2期治療」に。ブラケットなどで歯を移動させ、最終的なかみ合わせを完成させます。
第1期から治療を始めると顎の成長を利用できる反面、時間がかかります。しかし、かみ合わせや歯並びの悪さは顎の骨格に問題があることが少なくないため、特に受け口や出っ歯の場合は、成長発育を利用した治療が有効です。気になることがあれば7~8歳頃に一度矯正歯科で診てもらいましょう。

【かみ合わせや歯並びの悪さも歯周病の原因?】

歯並びが悪く歯列がでこぼこしていると、その隙間に汚れがたまりやすく、しかも歯磨きのブラシが汚れまで届きにくいため、どうしても磨き残しが出てしまいます。このため、歯並びが悪いと歯周病にかかりやすいといわれています。

また、歯並びに問題があるなどで特定の歯だけに過剰な力がかかることにより、その部分の歯周組織が圧迫され、血流が悪くなりぐらぐらの状態になることがあります。
これを「咬合性外傷」といい歯周病のリスクになることが知られています。
不正咬合の調整を行うことをお勧めします。
after-teeth_s

【入れ歯が悪いと残った歯にも悪影響?】

歯を抜けたままにしておくと残った歯に悪影響を与えるとお伝えしましたが、合わない入れ歯を使うことも同じように悪影響を与えてしまいます。
入れ歯の状態が悪く思うようにかめないと、健康な自分の歯で悪い歯をかばおうとし、その結果健康な歯に余計な力がかかり過ぎて歯を痛める原因になってしまうのです。
また、そのようなかみ方を続けていると、かみ合わせも悪くなり最終的には歯周病やむし歯の原因になるといわれています。
入れ歯の調子が良くないと思ったら出来るだけ早く歯科医に相談し、調整してもらってください。
men_01

【かみ合わせを治したら予防できる?】

かみ合わせは、多くの歯の病気に影響するといわれていますが、顎関節症にも深い関連性があります。だだし、かみ合わせを調整したら顎関節症を予防できるかといえば、そんなに単純ではありません。
したがって、顎関節症を予防する目的で、健康な歯を削ったり、矯正治療をしたりする治療はおすすめできません。
矯正治療をして、かみ合わせを調整する必要がある場合もありますが、それは「あごの状態をよくしてから」ということが正しい治療につながるのです。
women_03-tb