歯が抜けちゃったけど、1本くらいなら放っておいても大丈夫?

虫歯がおおきくなったり、歯ぐきの炎症がひどかったりして、歯医者さんで歯を抜いてしまいました。でも奥歯だから目立たないし…と思ってそのままにしてしまいました。

笑っても見えにくい奥歯だからと言って抜けた歯を放っておいてはいけません。平均的に最初に失われがちな歯は、下の奥歯です。厚生労働省の調査によると、左右の第一大臼歯または第二大臼歯は平均50歳前後で失われています。

歯を抜いてしまうと「噛みにくい、発音しにくい、見た目が悪いなど、気になることが多いのですが、抜けてしまった歯が奥歯で目立たない場所なら、食べにくくても反対側で噛めば何とかなると放置してしまう人もいます。

このままの状態にしておくことはお勧めできません。1本をなくした段階で、すぐに義歯・ブリッジ・インプラント・を入れることが必要です。

何故かというと、歯が抜けてしまうと時間の経過と共に歯並びに変化が現れるのです。

徐々に噛み合わせが悪くなってきます。そして全身へも影響が出始めるのです。

歯には失ったスペースを埋めようとする働きがあります。第一大臼歯が抜けてしまった場合、上のスライド後ろの歯が空いたスペースを埋める様に倒れてきます。

さらに上の歯が下に向かって伸びてくるのです。

そうして少しずつ歯が動いてしまうのです。歯が動き始めると、その隣の歯、またその隣の歯と、ドミノ倒しのような変化が起こり、噛み合わせが変わってしまうのです。

この状態になってしまったら注意が必要です。

噛み合わせが変ってしまうと、顎に痛みのある顎関節症や、慢性的な肩こり、腰痛といった全身性の症状があらわれてしまうことがあるのです。

早めに義歯・ブリッジ・インプラントを入れてきちんと噛める状態に戻しましょう。

しっかりと噛めることは、美味しくたべられること。

それは、とても幸せな事ですよね🍀