今年も夏のホワイトニング・をお勧めします!

全国的に梅雨入り宣言となり、蒸し暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。ミズキデンタルオフィスでは、毎年夏に向けてホワイトニングキャンペーンとして、デュアルホワイトニング(ホームホワイトニング+オフィスホワイトニング)を10%OFFにて施術させていただいております。

ご自宅で行うホームホワイトニングと医院に通っての施術となるオフィスホワイトニングを併用することで、よりスピーディーなホワイトニングの効果が見込めます。

白さを感じるのには個人差がありますが、平均的にカラーレベル1段階から1.5段階白くなったという変化を実感できる方が多いようです。

まずは、お口の中の状態をチェックしてもらいましょう。

そして奇麗に歯のお掃除が出来てから、ホワイトニングがスタート致します。興味のある方は、当院スタッフまで、お気軽にご相談ください💛

ホワイトニングについての詳しい内容は当院のホームページからご覧いただけます。

【どんな人がラミネートべニアやジャケットクラウンに向いていますか?】

ホワイトニングでは十分に歯が白くならない人にはラミネートべニアが向いています。
エナメル質の形成不全で白斑があったり表面に凸凹がある場合や、虫歯の詰め物によって変色した場合にも有効です。

なお、神経を抜いた歯や、治療する歯が広い範囲にわたって虫歯が出来てしまった場合はエナメル質の表面を削ることが出来ないので、ラミネートべニアは不可能です。
この場合はジャケットクラウンが向いています。

ホワイトニングでは出来ない歯だけをラミネートクラウンやジャケットクラウンにして、そのほかの歯をホワイトニングをすることも可能ですので、色の白さが合うように歯科医師と相談をしましょう。

【ホワイトニングはどの歯医者さんでも出来るんですか?】

ホワイトニングを実施する歯医者さんは増えておりますが、それが必ずしもホワイトニング技術が高いとは言えません。
少ない設備投資で比較的導入がしやすい故に、歯科医師が得意とする治療ではないにも関わらずホワイトニングを導入する歯医者さんもありますが、ホワイトニングが出来る患者と出来ない患者の見極めが出来なかったり歯の白さに対する細かい要望に応えるには、専門的な知識や経験がある歯医者さんを選ばないといけません。

ホワイトニングを専門とする歯科医院では、海外から効きの良い薬剤や機材を輸入しているところが多いので、ホワイトニング専門の施設や経験が豊富な歯医者さんに行きましょう。
月に10例以上ホワイトニングの症例があれば、ある程度はしっかりとホワイトニングをしていると考えて良いでしょう。

当院では、ホワイトニングのプロの水木ゆき菜先生が火曜日と木曜日に来院されてますので是非ご相談ください。

【ホワイトニングキットを使って自分でやっても大丈夫ですか?】

ホワイトニング先進国のアメリカでは、日本のホームホワイトニングに相当する薬剤が使われた様々なホワイトニングキットが販売されています。
アメリカでは口腔ケアに対する意識が高く、毎日のケアでデンタルフロスの使用が徹底されており、歯医者さんでの定期的なメンテナンスも当たり前になっています。これが日本ではまだこのようなメンテナンスを実践している人が少ないのが現状です。

アメリカで市販されている薬剤にはかなり濃度が高い薬剤も販売されているので、仮に虫歯の人が何も知らずに使用すると歯髄炎を引き起こす恐れもあります。
海外で市販されているキットを使う場合には、事前に口の中の状態を確認してもらってからホワイトニングが可能かどうかを聞きましょう。