【口内炎を治したい!】

口内炎は飲んだり食べたりしている最中に口の中がヒリヒリとしみて嫌ですよね?
口内炎と言っても様々な種類がありますが、私たちがよくなる口内炎は専門用語で「再発性アフタ」と呼ばれています。原因も様々ですがストレスや睡眠不足などの疲れが関係していると言われています。

大きさは5mm以下がほとんどで大体1~2週間程度で治りますが、より早く治したい場合には睡眠をよくとったり、ストレスを解消して、疲れを溜めないように心掛けてください。ビタミンB群を多く含む食品やビタミン剤を摂取することが効果的だと言われています。
何もしなくとも治るものですが、口内炎に効くステロイド軟こうを塗ると痛みが緩和され早く治ります。ですが、しばらく塗り続けても効果が無い場合には注意が必要なため専門医に相談をしましょう。

【歯周病と口内炎は関係があるのですか?】

基本的には関係はありませんが、入れ歯や歯周病が引き金になることはあります。

口の中の粘膜に出来る炎症を総称したものが口内炎です。口の中の粘膜ならば頬や唇の内側や歯ぐき、舌など、どこにでも出来てしまいます。口内炎が出来る原因は誤って噛んでしまった時などに出来る傷や、お口の中の衛生状態の悪さ、ビタミンなどの栄養不足、体力の低下やストレス、ウイルスやカビからの感染など様々です。口内炎が出来ると潰瘍が出来て痛くなったり食べ物や飲み物が口の中でしみたり、会話が不自由になりますので、なかなか辛い病気だと言えるでしょう。

同じ口の中で生じる病気なので、歯周病と口内炎が関係していると思う方もいるでしょうが、基本的にこの2つの病気は関係はありません。
ただし、入れ歯や矯正器具の不具合で口腔粘膜に傷がついたり、虫歯や歯周病などで口の中の衛生状態が悪いと口内炎になることもありますので、全く関係がないとは言い切れません。
このような場合は入れ歯の調整や虫歯や歯周病の治療が必要になります。

なお、口内炎の治療は口腔外科が専門ですので覚えておきましょう。

【口内炎を早く治したい】

口内炎が出来ると、飲んだり食べたりしたものがしみてヒリヒリと痛み憂鬱ですね。
一口に口内炎といっても様々な種類がありますが、専門用語で「再発性アフタ」と呼ばれるものが一般的です。
1センチ以下の大きさの物がほとんどで、通常は1~2週間程度で治りますが、早く治したければ睡眠不足やストレスを解消して疲れをためないようにし、ビタミンB剤も効果があるといわれています。
また口内炎に効くステロイド系軟膏を塗れば痛みがカバーされ、早く治るでしょう。大人83(110106083)