【かみ合わせや歯並びの悪さも歯周病の原因?】

歯並びが悪く歯列がでこぼこしていると、その隙間に汚れがたまりやすく、しかも歯磨きのブラシが汚れまで届きにくいため、どうしても磨き残しが出てしまいます。このため、歯並びが悪いと歯周病にかかりやすいといわれています。

また、歯並びに問題があるなどで特定の歯だけに過剰な力がかかることにより、その部分の歯周組織が圧迫され、血流が悪くなりぐらぐらの状態になることがあります。
これを「咬合性外傷」といい歯周病のリスクになることが知られています。
不正咬合の調整を行うことをお勧めします。
after-teeth_s