歯石と歯垢は何が違うの??

季節になりました。
今回は、「歯石と歯垢は何が違うのか」をお話ししたいと思います。

街中や歯磨き剤、歯ブラシのCMでよく耳にする「歯垢(しこう)」と「歯石(しせき)」と言う言葉。
同じものだと思って、普段何気に会話で話すことも多いのではないでしょうか。

【歯垢(しこう)とは・・・】

 歯の表面や隙間を、指や爪楊枝でこすった時、ネバネバしたカスが取れることがあります。これが“歯垢(しこう)”です。(別名“プラーク”とも呼ばれています。)

 歯垢は食べ物のカスだけでなく、その食べカスを餌にし増殖した細菌が沢山住み着いています。その数、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています!

【歯石(しせき)とは・・・】

 歯石とは、簡単に言うと「歯垢が硬くなったもの」のことです。
歯みがきでみがき残した“歯垢”は、早い場合は約2日間ほどで硬くなりはじめ“歯石”へと変わっていくと言われています。

 さらに2週間ほど経つと歯垢は唾液中のカルシウムと結びついて固まります。
これが“歯石”です。

【セルフケアとプロフェショナルケアで清潔な口腔内を!!】

 歯石はサンゴと同じように沢山の空洞があります。その中に細菌が入り込みます。
歯石は、名前の通り「石のように硬い」ので、一旦歯に付いてしまうと歯ブラシでは取れず、歯科医院で取り除いてもらわなければなりません。

 また、歯周病を悪化させる原因にもなりますので、ご自分での「セルフケア」と、歯科医院での「プロフェショナルケア」で、清潔な口腔内を保つことがとても大事です。

【歯石を取ったら歯と歯の間に隙間が出来てしまいました】

歯石を取った後の健康な形ですが、不安であれば相談をしてください。

歯科医院で歯石を除去してもらうと「歯ぐきが下がって隙間が広がり、以前より食べ物が挟まりやすくなった」とか「歯がしみるようになった」などという方が少なくないようです。特に歯石を除去する前に歯周病の症状が無かった人が逆に症状が出てしまい「納得がいかない」と感じる人が居てもおかしくありません。

歯ぐきが下がったのは、歯と歯の間を塞いでいた歯石を取ったことで歯ぐきの腫れが引いて、歯がしみるのは歯石を取った歯の根の部分が露出したためです。このような症状が出るのはある程度は仕方がないことです。何故ならば、歯石を取ることによって歯は「健康な形」を取り戻したと言えるからです。

ここでも大事なのはセルフケアです。歯と歯の間に挟まった食べ物は歯ブラシや歯間ブラシでしっかりと取りましょう。適切な歯磨きを続けていれば歯周ポケットも浅くなります。それでも歯周ポケットが気になる場合には歯科医師に相談してみてください。

【歯石はどうやって取れば良いですか?】

スケーリングとルートプレーニングの2種類の方法があります。

歯石を除去する方法には、歯の表面や歯肉縁上に付着した歯垢や歯石、そのほかの沈着物を「スケーラー」と呼ばれる器具を使って除去する「スケーリング」と、「キュレット」と呼ばれる器具で歯肉縁下の歯石を取って、歯垢などで汚染された病的なセメント質を除去して歯根面を滑らかにする「ルートプレーニング」の2種類があります。

通常は初めにスケーリングを行いますが、それでも歯肉の状態が改善しない場合や、既に歯周炎を起こしている場合はルートプレーニングが必要です。
歯石除去は歯科医師や歯科衛生士が担当しております。

【歯石を取ると歯周病は治る?】

歯科医師や衛生士など専門的な歯石除去の方法には「スケーリング」や「ルートプレーニング」があります。これにより、歯垢が付着しにくい状態を作ることで、患者が自分歯垢を除去しやすい環境を作ります。

歯石がきちんと取れると、腫れていた歯肉も元に戻り、歯と歯ぐきの間に出来る歯周ポケット(歯周病が進行するとポケットは深くなる)も浅くなってくることが多いのです。
yobou02

【歯垢と歯石はどう違う?】

歯垢(プラーク)は口内で繁殖した細菌が水に溶けにくいネバネバした物質とともに歯の表面に付着したもので、細菌の固まりです。
しかし歯垢は歯にへばりついているので、歯磨きをすれば取り除くことができます。

歯石とは、歯垢をそのまま放置し石灰化してしまった状態です。
歯石になってしまうと歯ブラシだけでは取り除けないため、専門的な歯石除去が必要になります。
yobou-a04