顎関節症|横浜の歯医者 ミズキデンタルオフィス

ミズキデンタルオフィス 045-410-4818
045-410-4818 新規WEB予約

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症

顎関節症は決してめずらしい病気ではありません。
10~30代の女性を中心に発症し、歯科の三大疾患(①歯周病、②虫歯、③顎関節症)とされています。
食事をしているときに、あごにだるさを感じたり、つかれたりしたことはありませんか。
そのだるさがひどくなって、あごを動かすときに痛みを感じるようになったり、口が途中までしかあけられなくなったりといった顎関節症の症状が出たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

顎関節症は決してめずらしい病気ではなく、このような日常生活のちょっとしたタイミングで起きてしまうことがある病気なのです。
顎関節症の多くは、進行していってあごの機能が完全に破壊されてしまうといったこわい病気ではありません。 適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものです。
関節円板という顎関節のクッションがずれて、顎の関節が円滑に動かなくなり、筋肉のこりや顎関節の炎症が起きます。

顎関節症の症状としては、

  • 口を開けようとすると耳の前にある顎関節のあたりが痛い

  • 来院する患者さんの訴えで最も多いものです。
    痛む場所は耳の前の顎関節があるところが多いのですが、痛みが出始めた頃は片側の顔から頭までが痛いように感じることもあります。 また、頬やこめかみの筋肉に痛みが出ることもあります。こめかみや頭の横が痛むときには頭痛と感じる人もいます。

    痛みは、口を開く時や食物をかむ時に出ることが多く、また指で押すと痛いこともあります。
    しかし、何もしないときに痛みが出ることは比較的少ないようです。


  • 顎を動かすと音がする

  • 実はあごを動かすと音がするという人はたくさんいます。
    自分はあごの病気がないと考えている人達を対象として行った調査で、23~39%の人にあごの関節の音があるといわれています。 大きく分けると、カクカク、コキコキといったはじけるような音と、ゴリゴリ、ザラザラといったこすれるような音がする場合があります。


  • 口を大きく開けにくい・口を開けたときに曲がる

  • 多くの例では、痛みのせいで口が大きく開けられないといったことがあります。
    他にも関節自体の動きが制限されてしまい、口が開かなくなることもあります。 ただ、どんなにひどくても指1本分くらいの開口は可能で、全く口が開かなくなることはありません。
    また、一般的には放っておいても、何日かするとだんだんと口の開く量が増えてきます。

    ▼その他さまざまな症状

  • 頭痛がする
  • 首・肩のこりや痛み
  • 耳の痛みや耳鳴り

などが挙げられます。
ただし、特にリストの下の方は症状が他の原因でも起こりやすいことです。
顎関節症に由来しているのか、あるいはたまたまそれらの症状の他の原因をもっていたのかについて、慎重な判断が必要です。

顎関節症の原因と治療法

顎関節症の原因

顎関節症にはまだまだわかっていないことも多いのですが、病因はひとつではなく様々な因子が重なって症状がでると考えられています。
例えば、下記のような原因(複合要因)が挙げられます。

  • 顎の筋肉が弱い
  • 寝ている間に歯ぎしりをしている
  • 噛み合わせに問題がある
  • 歯を食いしばっていることが多い
  • 左右どちらか片方に偏って咀嚼している
  • うつ伏せで寝る、頬杖をつく、猫背などのクセがある
  • 強いストレスなど精神的な問題を抱えている

人によって顎関節や筋肉に負担をかける要因の種類やその強さが違います。
また、関節や筋肉の構造そのものにも人によって耐久力の大小があります。
そのため顎関節症の症状の出る人と出ない人、あるいは同じ人でも症状の出る時と出ない時の違いについては積み木を用いて説明できます。
その人の持っている因子のひとつひとつを積み木として積み重ねていき、その人の持っている耐久力の大きさを超えて高くなってしまうと顎関節症の症状が出てきてしまうのです。

顎関節症の治療法(歯科医院)

顎関節症の症状の改善のための歯科医院での治療は、スプリント療法、理学療法(低周波治療)、薬物療法などがあります。

スプリント療法

スプリントを端的に言うと顎関節症治療用のマウスピースです。
患者さんの歯型をとってスプリントを作り、夜間の就寝中に装着してもらいます。
筋肉の緊張をとき、顎関節を理想的な位置に近づけていきます。
歯ぎしりのある方には特に必要な治療です。

理学療法(低周波療法)

マイオモニターという低周波治療器で、筋肉にごく微弱な電気を流すことで、筋肉の緊張をほぐす治療法です。
主に咀嚼筋障害の症型の患者さんに施術します。
顎関節症患者の場合、側頭筋(こめかみ部)や咬筋(頬部)が主に緊張していることが多いです。
日常的に筋肉の痛みがある、重だるい感じがする、口を開け閉めするときに筋肉が痛む、筋肉が痛くて口が開けづらいなどの症状が緩和されます。

薬物療法

鎮痛剤や筋肉の緊張を和らげる薬を服用してもらいます。
他の治療と組み合わせることが多いです。
また、顎関節症の原因が精神的なものにある場合は、歯科医院ではお薬の処方が限られますので、精神科や心療内科にかかることも必要です。

顎関節症の治療法(ご自宅)

歯科医院での治療のほかに、ご自宅でも顎関節症の症状改善のために出来ることがあります。
大きな原因がクセや姿勢などにある場合は、その矯正が大きな効果となるでしょう。

  • 顎の筋肉を鍛える
  • 歯ぎしりを予防するマウスピースを装着する
  • マッサージやストレッチで筋肉を緩める
  • 左右に偏らず、両方同じくらいの割合で噛むようにする
  • うつ伏せ寝・頬杖・猫背などのクセを直す
  • ストレスを溜めない

詳しいマッサージやストレッチの方法につきましては、治療の際にお尋ねください。

睡眠時無呼吸症候群

いびきに悩まされている方は多いと思われますが、なかには睡眠時に無呼吸を頻発する睡眠時無呼吸症候群という疾患の場合もあります。
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に無呼吸や低呼吸が繰り返されることにより、日中の眠気・頭痛・集中力の低下などの症状が起こります。それだけでなく、高血圧症や代謝異常、メタボリックシンドロームの発症に関与し、重症例では心血管障害や脳血管障害の危険因子となる全身性疾患です。
2004 年からその治療のひとつとして用いる口腔内装置が保険に導入されました。 当院では睡眠時無呼吸症候群の治療のための口腔内装置(いびき防止装置)を作製しています。
睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、当院で作製する口腔内装置は保険適応となります(医科での診断が必要です)。
また睡眠時無呼吸症候群ではないが、いびきが気になり口腔内装置を希望するという方も、保険外(自費)で作製できます。

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
歯科医師 水木ゆき菜オフィシャルブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 横浜の歯医者 ミズキデンタルオフィス